読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の男 - 桜庭一樹 変態親子のネチっこい近親相姦を執拗な筆で描いたインモラルな作品。

変態親子のネチっこい近親相姦を執拗な筆で描いたインモラルな作品。

現実の世界では胸糞が悪くなるだけの背徳のテーマを、時に美しく、大体は陰湿かつ不吉な描写で作者は構築していく。まともな人間は死に、異常者が生き残るプロットはどこか神話的ですらある。マザコンロリコン、近親相姦、殺人者の四重苦を背負ったダブル役満クラスのナイスガイである父親の壊れ方が秀逸だ。

たくさんの謎を残しながら各登場人物の視点で時代を遡る手法は巧妙で、一度もだれることなく読み切ることができた。

直木賞受賞も納得の実に小説らしい小説だ。