読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤いべべ着せよ… 今邑彩 鬼女伝説が残る田舎で起こった連続殺人事件モノ。

鬼女伝説が残る田舎で起こった連続殺人事件モノ。

推理小説の範疇ではあるが、探偵や警察は出てこないので、誰かが謎や犯人を解きあかしていくタイプの作品ではない。

表題にたがわず不吉な童歌ではじまる冒頭から一気にもっていかれ、余計な描写や展開もないのでスピーディに物語は進んでいく。ダラダラしていないのは読みやすさに直結するとしても、せっかくのオドロオドロシイ舞台なのだから、もうちょっと土着的な要素があり、登場人物で最も良い味を出していた気狂い風のおばあさんが活躍してくれていればさらに傑作になっていたと思われる。