葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午 ネタばれして読むともったいない

実は、今作の最大のネタバレを知ったあとに読んでしまったため、口惜しいが他の人みたいに驚愕できなかった。もし、知っていなければ「ああ、そういうことか!」と驚けたのに、もったいない。

文章は平易で読みやすく、主人公のキャラも熱量も十分。不満だったのは、ラストまでの文量にくらべ、種明かしとまとめがやや消化不良だったことかな。