「脳」整理法 茂木健一郎 整理法といっても例の世界のコンドーさんのような実践的なものではない。

整理法といっても例の世界のコンドーさんのような実践的なものではない。
この本は単なる自己啓発書である。または、作者の哲学エッセイと言い換えてもよいかもしれない
タイトルから臨床的な内容を期待していると肩すかしを食らうこと間違いなしだ。ただし、読んで損をする本でもない。偶有性の話がひたすら反復されるのは少々いらつかされるが、最初から最後までまっとうなことだけしか書かれていないので、反感する気力も湧かない。
ネタ切れなのか、後半急激に失速していくのが物哀しい読後感を誘った。