プラナリア 山本文緒 どの作品も大切な人間を失ってしまうちょっと苦めの物語となっている

短編が五作。どの作品も大切な人間を失ってしまうちょっと苦めの物語となっている。特にタイトル作に顕著だが、皆、親しい人から性格や環境の"ねじれ"を指摘され、当人も大いに自覚しているものの改めることができないでいる。

ハッピーエンドらしきものは最後の作品くらいか。ほかはすっきりしない終わり方ばかりなので嫌いな人は嫌いな本かもしれない。個人的には同情も歯がゆさもなく、ひたすら物語を楽しめた。