読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽霊心理学 赤川次郎 この作家の圧倒的な読みやすさは一体なんなのだろう

この作家の圧倒的な読みやすさは一体なんなのだろう。

肝心の作品自体にはからっきし魅力を感じられないというのに、ただただこの特異な(個人的にだが)読書体験を味わうためだけに赤川次郎の本を手にとってしまっている。文章は平易きわまりないのに、稚拙でない。地の文は少なめで会話が中心。比喩や形容詞はあっさりしたものを用いられ、ストーリー展開はかなり早い……

さて、この本の感想だが、クソ平凡という印象しか見つけることができなかった。