魔女街 半村良 サービス精神から書かれたものだと推測できる

中篇が二作と短編が四作。

中篇は男の妄想をたれ流した乱交モノ。

物語の歯車が動きだすと、あれよあれよと金と色が主人公へ注がれだしてそれまでの単調な生活が一変し、獰猛な狩人へて変貌していく。メインの読者層である中年男性に何だか儲かったような気分にさせる、みたいなサービス精神から書かれたものだと推測できる。

いずれの作品も暇つぶしの娯楽以上の価値はない。UFOがからむ若い男女の恋物語だけは妙にせつなかった。