ロッカーズ 川島誠 作者があえて紋切り型にしたのかと深読みしてしまう

古いというよりは、ありきたりなロック小説。

出会い、飛翔、倦怠、終末へとよどみなく向うプロットは、作者があえて紋切り型にしたのかと深読みしてしまうほど完璧に予定調和なものだが、考えてみればロックバンドの大半はその流れで解散するものであるから、これは至極自然な結末ともいえなくもない。

狂言回しの語り手が空気的存在なのは気にならないが、ボーカルとヒロイン役の二人はもっと苛烈でエキセントリックな性格か言動をしていればより勢いが増していただろうに。勿体ない。