読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻 曽根圭介 懐かしの世にも奇妙な物語に近いテイスト

良質な短編が三作収録。三つとも不条理なラストで終わっている。懐かしの世にも奇妙な物語に近いテイストだ。ホラーというジャンルはハッピーエンドよりもバッドエンドを求めてしまうものなので、個人的には歓迎したい締め方ではある。賞をとった表題作の『鼻』は、ディストピアな世界観と叙述トリックがもちいられ、もっとも楽しく読めた。