私生活 神吉拓郎 酸いも甘いも噛みわけた大人の短編集

酸いも甘いも噛みわけた……という言葉が出てくる大人の短編集。

各主人公は若くても三十代で、だいたいは初老にさしかかろうかという年代である。

小説にありがちなドラマチックな展開はあえて控えているようで、誰の日常にも起こりそうなちょっといつもと違う出来事、つまり私生活が取り上げられている。破綻も成功も教訓も皮肉もブラックユーモアもない。リアリティにわずかな切なさが混じっているだけだ。