読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GO 金城一紀 九十年代後半に生きる高校生カップルに作者の趣味をあてがってしまうのはどうかと

在日の高校生を主役にしたぶっちぎりの青春小説。漫画のように分かりやすい特徴をもったキャラクターたちが生き生きと描かれた前評判通りのとびきりポップな作品だった。特に、ヒロインとの出会いの場面は情景が目に浮かんでくるほど秀逸。

ただ、どうしても気になった点がひとつ。九十年代後半に生きる高校生カップルに作者の趣味をあてがってしまうのはどうかと。音楽にせよ映画にせよしっくりこないセレクションの連打にうーんと首を傾げてしまうことも。他の日本の作家も平気で侵しがちなこの悪癖はなんとかならないものかね。