ぼくは落ち着きがない 長嶋有 まともな人だけしか出てこないのが逆に凄い

図書部員のちょっとした日常を取上げただけの殆ど何も起こらない話。文学作品には珍しく、まともな人だけしか出てこないのが逆に凄い。学生が主役だからといってラノベのようなエンタメを期待している人にはちょっと不向きかもしれない。名作でもないけど、凡作でもない味わいのある一冊。