壁際の名言 唐沢俊一 要約すると

怠惰は堕落ではない、生物としての本能である。

所詮は創作物のなかの魅力と現実の人物の魅力とは別物なのだ。

訂正は話が終わったあとで。

現実のすべてに面と向かおうとする者はまず、振り回されて終わる。

人は他人に褒めてもらいたい動物なのである。

優しさにもTPOが必要。

詩は言葉の感覚を究極にまで研ぎすませ、はるか自由なイメージの世界へと飛翔させる芸術だ。

およそ人間にとり、最も難しいのは、年をとってから若い頃の自分の功績を誇らないでいることだろう。

内面なんて見かけだけのもの。