怪談の科学―幽霊はなぜ現れる  中村希明 日本の幽霊と海外の幽霊の違いをあげているのは興味深かった

幽霊が現れる、見えてしまう状況を真面目に解説してくれている。こじつけや作者の強力な主観から一種のトンデモ本としても読める。後半になればなるほど作者の主義主張の度合いが増していき、ちょっとついていけなくなることも。何でも幻覚と夢に当てはめるのはどうかと。極限状態や、入眠時における錯覚の例はなかなか真実味があるんだが。他には日本の幽霊と海外の幽霊の違いをあげているのは興味深かった。平易な文章で書かれているのでサクッと読める。