読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トム・ソーヤーの冒険 マークトウェイン 呑気な雰囲気のアニメからは想像もできないほど痛烈な皮肉が飛び出したりする

悪戯好きなトムは、度々おばあさんや町の人に迷惑をかけたりするが、その反面、気風が良く行動力の塊で、学校の一部の教師以外からは皆に好かれている。ベッキーとの出会いは小説よりもアニメの方が良い出来だった。よりインパクトのあるものになっていたからね。物語は三人称で書かれ、作者自身の視点から各登場人物の内面を行き来し、時に呑気な雰囲気のアニメからは想像もできないほど痛烈な皮肉が飛び出したりする。19世紀な作品らしく、迷信や黒人に対する差別も多く、その辺は時代だな。