読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか誰かが殺される 赤川次郎 プロフェッショナルだなあ、という読後感

どの作品を読んでもそれなりに面白い作家だが、逆に言えばホームラン級の作品はまったくない。せいぜい二塁打止まりなのだ。大金持ちの余興からはじまった犯罪劇を磐石の筆で読ませてくれる。物語に意外性はなく、登場人物たちは役割どおりに、時にコミカルな働きをするだけだ。プロフェッショナルだなあ、という読後感。残念だったのは、タイトルがあまり上手く機能してなかったことかな。