読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき拷問の本 桐生操

この手の処刑や拷問を扱った悪趣味な本は、ネットが一般化する前だともっと価値があった。読みすすめるほどに単調な一口話としてしか感じられなくなってしまうのは、ネット上にもっと過激な動画が殺人や暴力動画がいくらでも転がっている現実があるからだろうか。