「からだ」と「ことば」のレッスン 竹内敏晴 その筋では名の知れているらしい「竹内レッスン」というワークショップの記録をつづった新書。

日常生活における他者とのファーストインプレッションを即興性の演劇として劇団員(?)に演じさせ、その行動、表情、変化、感想を客観的な視点で書かれてある。実のところ、読んだだけではあまり得心がいかなかった。やはり、己の体をつかって自分で演じてみないとよくわかない内容なのだろう。