トラウマが99%消える本 中島輝 不幸の総合商社のような人生を歩んできた著者

図書館の棚を見ていたとき、閉店バーゲンセールス品のような気前のいいタイトルに導かれ手にとった一冊。不幸の総合商社のような人生を歩んできた著者(しかし実家は会社経営、のち本人も社長になる)の晴れやかな顔と美しい青空が表紙を飾っている。よくある自己啓発モノをまとめたタイプの本なんだろうな、と思っていたところまったくのその通りであった。スペースと段落をふんだんにとった視覚的にもサクッと読める一冊。内容はアマゾンレビューの人たちと大差ない感想かな。良いことも書いてるし、浅くもある。